Home > 事業概要

知事あいさつ  事業責任者あいさつ  運営事務局紹介  事業紹介  コンソーシアム発足当初(H30年度)

知事あいさつ

新田知事写真.jpg

 富山県の基幹的産業の大きな柱の1つである医薬品産業は、300年を超える歴史と伝統、高い技術を有し、全国トップクラスの生産拠点を形成しています。
 こうしたなか、国における地方を担う人材の確保・育成や東京一極集中の是正に向けた取組みを踏まえ、2018年6月、県内大学や本県医薬品産業の振興、それを担う専門人材の育成・確保を図るため、富山大学、富山県立大学、県内企業と県との連携により、「くすりのシリコンバレーTOYAMA」創造コンソーシアムが設置され、同年10月には、国の地方大学・地域産業創生交付金の支援対象として、全国で7件のうちの一つに選ばれました。
 現在、国内外のトップレベル人材の招聘や、世界水準の医薬品の研究開発を鋭意進めるとともに、東京圏の学生を対象としたサマースクールや、バイオ医薬品の製造方法等を学ぶ人材育成プログラムを実施するなど専門人材の育成・確保等に積極的に取り組んでいるところです。
 本コンソーシアムを通じて、研究開発・技術開発を一層推進し、県内医薬品産業のさらなる振興を図るとともに、東京圏をはじめ全国の優秀な学生が本県で学び、医薬品産業を支える人材として活躍していただけるよう、精一杯取り組んでまいります。

                                               富山県知事 新田 八朗


事業責任者あいさつ

森(和)HP掲載用写真.jpg

 令和2年1月より「くすりのシリコンバレーTOYAMA」創造コンソーシアムの事業責任者に就任いたしました森和彦です。
 これまで厚生労働省で医薬品の承認審査や安全対策、新薬の開発相談等、長らく薬事行政に携わってきた経験を生かし、コンソーシアムの更なる発展に貢献してまいります。
 医薬品を取り巻く国内外の情勢は常に急速に変化し続けています。科学技術の発展により遺伝子治療、がん免疫療法、ゲノム医療等、画期的な治療が実現しつつあります。一方、人口の高齢化に伴い生活習慣病やがんなどの高齢者に多い疾患がますます多数を占めるようになっています。加えて、感染症の領域でも抗生物質が効かない薬剤耐性菌の問題や新型コロナウイルスなど急速に拡大する新規感染症の問題も続いています。
 このように多様な問題・課題が山積する中で、患者さんや医療現場が真に必要としている医薬品を開発、改良し、安定的に供給することがますます重要になっています。
 富山の医薬品産業は長年にわたって、良質な医薬品の安定供給に大きな役割を果たして来ました。令和元年11月には国際的な医薬品製造に関する品質基準の確保を目的とするPIC/s総会が富山で開催されたのもこうした富山の実績を背景としています。
 コンソーシアムの活動を通じて富山の産学官が力を合わせ、これからの医療に必要とされる医薬品を生み出し、安定供給する仕組みづくりのモデルを実現したいと思います。
 オール富山でのコンソーシアムの取り組みに関係者の皆様のご理解とご協力を、どうぞよろしくお願いします。

事業責任者 森 和 彦


運営事務局紹介

◎令和2年1月、事業責任者に森 和彦(もり かずひこ)氏、副事業責任者に森 俊介(もり としゆき)氏 就任
◎医薬品開発・上市経験者や弁護士、弁理士など、経験豊富な専門家を起用
◎私たちが、研究開発の早期事業化に向けて、伴走支援します!


【お問い合わせ先】
◆お気軽にご相談ください!◆
コンソーシアム運営事務局(富山県厚生部くすり政策課くすりコンソーシアム推進班)
☎:076-444-3943
✉:ml-kusuri-toyama@pref.toyama.lg.jp


事業責任者  副事業責任者  知財法務責任者  事業戦略責任者  広報戦略アドバイザー  研究開発コーディネーター  アドバイザー  事業化サポーター  薬業連合会くすりコンソーシアム連携コーディネーター  運営事務局  くすりコンソーシアム応援団


◎事業責任者

森 和彦

(富山県出身)

01_森和さんHP掲載用写真_R2.4.jpg

【担当業務】

・コンソーシアムの事業全体の統括

【略歴等】

・前 厚生労働省大臣官房審議官(医薬担当)

・厚生労働省、PMDAで承認審査、安全対策業務等に従事

・産学官連携クラスターで橋渡し研究、臨床開発の支援に従事

・2020年10月~日本製薬工業協会 専務理事

【メッセージ・自己紹介】

オール富山で産学官が連携協力し、これからの医療に必要とされる優れた医薬品を育み、製造・供給する「くすりの富山」の更なる発展に力を尽くします。

◎副事業責任者

森 俊介

(薬学博士)

02_森俊さんNEW_Toshiyuki_Mori_R2.4.jpg

【担当業務】

・研究開発事業の事業化戦略の統括

【略歴等】

・米国国立がん研究所でバイオ医薬品の基礎から応用までの研究に従事

・国内製薬企業でバイオ医薬品の研究開発等の新規事業の立ち上げなどに関与

・投資会社で上場バイオベンチャーへの投資を経験後、TMパートナーズ合同会社を設立し、ベンチャーキャピタル、バイオベンチャー、アカデミアの業務支援等を行う。業務の一環として二年間、Newton Biocapitalのインベストメント・パートナーを務めた。2021年にはJ-Biosciences株式会社を設立し、日本の創薬を世界へ展開するサポート事業を開始した。

【メッセージ・自己紹介】

これまでの様々な経験を活かし、本コンソーシアムの発展に努めていきたい。本事業の取り組みを通じて、地方大学・地域産業創生に貢献したい。

◎事業統括補佐・知財法務責任者

中谷 智子

(弁理士)

03_中谷先生_R2.6.jpg

【担当業務】

・知財戦略の策定・推進

・知財関係契約業務(共同研究契約、ライセンス契約等)

【略歴等】

・三共㈱(現第一三共㈱)で研究・知的財産に従事

・医薬品分野の知財戦略が専門

・〈現〉中谷国際特許事務所

【メッセージ・自己紹介】

富山県から生まれた研究成果が患者さんのQOLの向上につながるよう、知的財産の面から支援させていただきます。よろしくお願いします。

◎事業統括補佐・事業戦略責任者

三品 聡範

04_三品さん_R2.4.jpg

【担当業務】

・コンソ事務局と個別研究テーマの戦略策定・実行管理

【略歴等】

・コンサル会社で医薬領域の新規事業立上げに多数従事

・バイオベンチャー取締役として多額の資金調達に成功

・大阪大学 薬学部/大阪大学大学院 薬学研究科 修了

【メッセージ・自己紹介】

サイエンスをビジネス文脈に翻訳し、色々な組織の方々の方向性を一つに紡ぎあげる事が専門です。富山をぜひ産学連携・地方創生の成功モデルにできればと思います。

◎広報戦略アドバイザー

狩野 健二

05_狩野さん_Karino_portrait_R3.8.jpg

【担当業務】

・コンソーシアム事業の戦略的情報発信のための助言・指導

【略歴等】

・出版社にて、経済関連の月刊誌編集部でデスクおよびマーケティング・ディレクター

・広告制作会社にて、宣伝・広告物のクリエイティブ・ディレクター

・大手Webメディアにて、ブランディング&マーケティング・シニアマネージャー

・〈現〉株式会社クロスロード 代表取締役

【メッセージ、自己紹介】

コンソーシアムの自走化には、戦略的な広報活動、情報発信が求められています。伝えたい情報と受け手の間のギャップを埋め、コンソーシアムの活動への理解を深め、さらに受け手の行動につながる情報発信をめざしていきます。

◎研究開発コーディネーター

平井 嘉勝

(医学博士)

06_平井先生_R2.3.JPG

【担当業務】

・サイエンスや事業化の観点での論点整理、助言・指導

【略歴等】

・大塚製薬㈱新薬開発本部免疫部長

・富山大学非常勤講師

・産学官連携事業での科学技術コーディネータ経験

【メッセージ・自己紹介】

会社では探索・治験・申請・安全性調査業務など経験しました。創薬研究は考える・創る・試す・の繰返しです。常に前進しながら共に学習しましょう。

◎アドバイザー

Ongena Lieve Rita Rene

07_Lieveさん Profile_picture_2020b_R3.6.jpg

【担当業務】

・コンソーシアムの全体方針・方向性に係る指導・助言

・ベルギー・フランダース州VIBの取組み紹介

【略歴等】

・生物学の博士号(1989年)ベルギー・ゲント大学

・千葉大学(1990年)、京都大学(1991年)でポスドク

・伊藤忠テクノケミカル&富士レビオでビジネスインターン(1994年-1995年)

・外国人留学生もための日本語検定1級(1994年)

・Innogenetics NVでのビジネス開発(1991年-2000年)

・VIB国際科学政策シニアマネジャー(2000年-現在)

・インターナショナル・オフィスのヘッド

菅田 益司

08_菅田益司_R3.8.jpg

【担当業務】

・コンソーシアムの全体方針・方向性に係る指導・助言

・事業化戦略作成、事業化推進等に係る指導・助言

【略歴等】

・製薬会社で経営戦略、人事戦略構築に従事

・製薬会社でバリューチェーン全般の価値最大化に従事

【メッセージ、自己紹介】

生まれも育ちも富山です。業界環境が厳しい中、富山の基幹産業の一つである薬業界の継続的な発展のため、コンソーシアムメンバー全員と協力し、目標達成にむけ尽力します。

宅間 仁志

(弁護士)

09_宅間先生_R2.4.jpg

【担当業務】

・コンソーシアムの全体方針・方向性に係る指導・助言

・個別の秘密保持・共同研究契約などの法務業務一般

【略歴等】

・横浜市立大学大学院中退後、京都大学法科大学院を卒業し弁護士登録

・弁護士登録後、医薬品・医療機器・再生医療器等製品の法務知財を中心に従事

・〈現〉弁護士法人内田・鮫島法律事務所 所属

【メッセージ・自己紹介】

患者さんに必要とされる医薬品が開発され、それと同時に、富山県内の大学振興・産業創生に役立つよう、本事業の成功に向け尽力する所存です。

宮嶋 勝春

(薬学博士)

10_宮嶋先生_R2.4.jpg

【担当業務】

・コンソーシアムの全体方針・方向性に係る指導・助言

・個別研究テーマの早期事業化に向けた助言、指導

(得意分野:製剤開発、品質管理)

【略歴等】

・テルモ㈱でリポソーム製剤の開発や技術移管に従事

・武州製薬㈱で製剤の技術移転や各種査察対応に従事

・2021年7月より、ナノキャリア(株)取締役(監査等委員)

【メッセージ、自己紹介】

医薬品は、病に苦しむ多くの人たちの生きる希望となっています。そんな製品や関連する技術をコンソーシムの中から誕生できるようにお手伝いさせて頂きたいと思います。

◎事業化サポーター

井村 良視

(薬学博士)

11_井村先生_R2.3.jpg

【担当業務】

・個別研究テーマの早期事業化に向けた助言・指導

 (得意分野:薬効薬理研究)

【略歴等】

・武田薬品工業㈱で生活習慣病薬等の研究開発に従事

・産学の橋渡し研究の支援業務に従事

【メッセージ、自己紹介】

製薬会社で35年間にわたって創薬研究に従事してきました。この経験を活かし、本事業に少しでもお役に立てるように頑張りたいと思います。

杉田 修

(薬学博士)

12_杉田先生_R2.4.jpg

【担当業務】

・コンソーシアムの全体方針・方向性に係る指導・助言

・個別研究テーマの早期事業化に向けた助言、指導

 (得意分野:非臨床全般(特に生物製剤学、製剤化)

【略歴等】

・サントリー㈱で非臨床開発に従事。アストラゼネカ㈱に移り引き続き総括製造販売責任者として従事。

・前 北海道大学教授(TR事業で医薬品開発に従事)

【メッセージ、自己紹介】

医薬品開発は多くの専門分野がかかわる総合研究と言っても過言ではありません。課題の抽出、対策など一緒に考え、開発の迅速化を図りたいと思っています。

堤 正好

(農学修士)

堤先生.jpg

【担当業務】

・個別研究テーマの早期事業化に向けた助言・指導

(得意分野:遺伝子検査の運用に関する枠組み形成等と関連する倫理的諸問題への対応)

【略歴等】

・長らく臨床検査センターに勤務し、各種遺伝子関連検査の導入等に携わる。

・1996年以降は遺伝子検査を取巻くELSI(ethical, legal and social implications/倫理的・法的・社会的諸諸問題)への対応を中心に活動し、日本医学会「医療における遺伝学的検査・診断に関するガイドライン」(2011年2月)や日本衛生検査所協会「遺伝子関連検査の質保証体制についての見解」(2018年12月)等関連団体・学会等 の指針・ガイドラインの策定を通して遺伝子関連検査の枠組みの作りに関わる。

・各種学会活動を継続しながら、難病の遺伝学的検査や各種遺伝子関連検査の実用化を支援中。

【メッセージ、自己紹介】

様々な研究成果をいかに実用化する(臨床検査として使えるようにする)のかは、以前からある大きな課題ですので、そのための検討をぜひご一緒に進めていきたいと考えています。

◎(一社)富山県薬業連合会 薬都創造コンソーシアム推進委員会 コンソーシアム連携コーディネーター

牛島 豊彦

15_牛島さん_R2.11.jpg

【略歴等】

・製薬企業で新薬研究開発に従事、調剤薬局勤務を経て、再び製薬企業に勤務

・工場長、製造管理者、安全管理責任者として副作用報告業務に従事

・その後、新薬の製造販売承認申請・薬価収載を担当した後、工場QA責任者として海外査察を経験

・富山・バーゼル医薬品研究開発シンポジウム実行委員、富山県薬事研究会会長を務めた

【メッセージ、自己紹介】

ずっと製薬産業に従事してきました。企業側の立場から、本コンソーシアムの活動が産学官の皆様にとって有益なものとなりますよう、微力ながら努めて参ります。皆様のご要望を是非、お聞かせ下さい。

◎運営事務局

Polish_20220427_120930685.jpg

課長

石田 美樹(薬剤師)

【担当業務】(Tel:076-444-3235)

・くすり政策課事務(コンソーシアム、薬業振興等)の総括

【メッセージ、自己紹介】

富山の医薬品産業の更なる飛躍のため、県内製薬企業の製造技術力・研究開発力の強化につながる大学の強みを活かした研究開発や、専門人材の育成を推進し、このコンソーシアムの産学官連携の仕組みが持続するよう努めてまいります。皆様のお声をぜひお聞かせください。

くすりコンソーシアム推進班長

建部 千尋(行政)

【担当業務】(Tel:076-444-3459)

・くすりコンソーシアム推進班事務の総括

・医薬品産学官コンソーシアムの運営  

【メッセージ、自己紹介】

世界に羽ばたく「薬都とやま」の実現に向けて、大学、薬業界の皆様とともに、事務局一丸となって様々な取り組みを進めてまいります。

主幹

高橋 孝康

(連携コーディネーター)

【担当業務】(Tel:076-444-3943)

・知財戦略、共同研究契約等

・研究環境整備

・バイオ医薬品の専門人材育成

 【略歴】

・2017.6月(公財)富山県新世紀産業機構 イノベーション推進センター産学官連携コーディネーター

・2020.4月 現職

【メッセージ、自己紹介】

大学等の研究成果を産業界に移転促進し、新製品の開発を後押しすることで、富山県の医薬品産業を更に発展させたいと思っています。

主幹

髙森 寛

(連携コーディネーター)

【担当業務】(Tel:076-444-3943)

・研究開発プロジェクトのサポート業務

・知財戦略、共同研究契約等

【略歴】

・2013.4月 (公財)富山県新世紀産業機構 産学官連携推進センター産学官連携コーディネーター

・2014.4月 文部科学省 地域イノベーション戦略支援プログラム 北陸ライフサイエンスクラスター地域連携コーディネーター

・2018.4月 富山県厚生部くすり政策課 医薬品産学官コンソーシアム業務担当嘱託職員

・2019.4月 現職

【メッセージ、自己紹介】

産学官連携のお問合せは、お気軽にどうぞ!

主幹

舟﨑 真理子

(連携コーディネーター)

【担当業務】(Tel:076-444-3943)

・研究開発プロジェクトのサポート業務

・知財戦略、共同研究契約等 

【略歴】

・東京工業大学生命理工学専攻修士課程修了、サンパウロ大学化学専攻Ph.D.取得

・弁理士事務所勤務、国立アマゾン研究所研究員、日本大学文理学部化学科助手などを経て2020年11月より現職

【メッセージ、自己紹介】

一歩一歩、前へ進むことを感じながら、未来のとやま像を皆さんと一緒に作っていきたいです。

副主幹

竹田 享代(薬剤師)

【担当業務】(Tel:076-444-3943)

・サマースクール等の人材育成事業

・連携推進会議、検討委員会等の運営

【メッセージ、自己紹介】

産学官の連携により、くすりの富山を支える人材が集まるよう、富山の魅力を発信していきたいと思います。

主査

小森 洋(行政)

【担当業務】(Tel:076-444-3943)

・コンソーシアム創造計画・実施計画

・運営体制検討

・大学との調整

【メッセージ、自己紹介】

産学官のコンソーシアムの取組みを通じ、富山県の強みをいかした医薬品づくりや人材育成に貢献できるよう努めてまいります。

主事

舛田 義樹(行政)

【担当業務】(Tel:076-444-3943)

・予算、決算

・交付申請、実績報告

・産学官連携シンポジウム

・学会等出展

【メッセージ、自己紹介】

適切な予算管理や展示会等への出展を通じてコンソーシアムの更なる発展に尽力してまいります。

事業推進員

上杉 俊男

【担当業務】(Tel:076-444-3943)

・大学等への補助金交付

・補助金四半期検査、流用

・クラウドファンディング

【メッセージ、自己紹介】

富山市役所で40年間に亘って地方自治(特に情報政策)に従事した経験を本事業の推進に活かし、少しでも地域社会に貢献したいと思います。

事業推進員

北谷 八寿子

【担当業務】(Tel:076-444-3943)

・経理業務

・文書整理

・物品管理

【メッセージ、自己紹介】

スムーズな支払いを心掛けていきます。

事業推進員

秋野 紗織

【担当業務】(Tel:076-444-3943)

・広報

・HP、SNS

・オンライン会議及びICT環境整備

【メッセージ、自己紹介】

広報を通じてコンソーシアムの取組に共感して下さる方を増やすことで、事業の活性化に尽力いたします。

◎くすりコンソーシアム応援団

菊地 正寛

(元 くすり政策課長)

【応援メッセージ】

研究開発や人材育成の種が、数年後に大きく花開き、実を結びますように!! 新型コロナウィルスと闘いながら、皆さんのご活躍を応援しております。

初田 正樹

(元 くすりコンソーシアム推進班長)

【応援メッセージ】

皆さんが一丸となって取り組む研究開発や人材育成が成果をあげ、富山県を大いに盛り上げられることを祈念します。私も地方創生・地域振興の担当者として応援します。


事業紹介

「くすりのシリコンバレーTOYAMA」創造コンソーシアムは、富山県内の大学における医薬品分野の研究開発や人材育成等を推進し、富山県内の中核的な産業である医薬品産業のさらなる発展を図るため、富山県内の産学官連携により2018年6月に設立し、2018年10月に国の「地方大学・地域産業創生事業」に採択されました。

 本コンソーシアムでは、富山県内の産学官が密接に連携し、医薬品分野における研究開発や人材育成等を推進するとともに、国内外のトップレベル人材の招へい等による大学改革を通じて、富山県の医薬品産業の振興や「くすりの富山」を支える専門人材の育成・確保に取り組んでいきます。

➡パンフレットはこちらから

パンフレット概要1.jpgパンフレット概要2 (2).jpg

 

推進体制

20220602-01.png



コンソーシアム発足当初(H30年度)

詳しくはこちら