Home > 「薬都とやま」企業紹介 > 富士フイルム富山化学株式会社

医薬品製造業者富士フイルム富山化学株式会社

「診断」から「治療」のトータルソリューションカンパニー

富士フイルム富山化学株式会社は、放射性医薬品及び低分子医薬品の研究・開発・製造・販売を行っています。富士フイルムと連携し、アンメットメディカルニーズが高い「がん」「中枢神経疾患」「感染症」領域において、新規の放射性診断薬・治療薬、独自の作用メカニズムを持つ治療薬や、必要な量の薬物を必要な部位に必要なタイミングに送達するドラッグ・デリバリー・システムを応用展開した新薬を開発しています。富士フイルムの体外診断機器・試薬なども活用し、「診断」から「治療」のトータルソリューション展開を拡大させています。加えて、薬剤師の調剤監査業務の支援システムや、血液製剤、再生医療に用いる細胞などの運搬に適した厳密な温度管理が行える定温搬送装置など、医薬IoTソリューション事業も展開しています。
当社は、社会課題の解決や、幅広い医療現場をサポートする高品質な製品の開発・提供により、医療や生活の質の向上に貢献していきます。

業種 医薬品製造業
企業名 富士フイルム富山化学株式会社
住所 東京都中央区京橋2-14-1 兼松ビルディング
県内主要拠点 富山第一工場:富山県富山市下奥井2-4-1
設立 1968年
資本金(万円) 1億円
従業員数(人) 939人
うち女性数(人) 239人
平均年齢(歳) 44.8歳
企業HP http://fftc.fujifilm.co.jp
主要品目・主要業務等 医療用医薬品、医療用放射性医薬品(診断用/治療用)ほか