Home > 「薬都とやま」企業紹介 > 小林製薬グループ 富山小林製薬株式会社

医薬品製造業者小林製薬グループ 富山小林製薬株式会社

多くの人から愛され「あったらいいな」をカタチにする企業です!

CMで一度は目にする小林製薬。その特徴は、独自製品の開発力と、何と言っても特徴的な商品ネームです。「“あったらいいな”をカタチにする」という理念の下、700種類以上の独自製品を世に送り出しています。その小林製薬グループ最大の工場を誇る富山小林製薬は、メインファクトリーとして、アイボン・命の母・のどぬ~るスプレーなどの医薬品から、消臭元・無香空間・液体ブルーレットといった日用品まで、多彩な製品を全国に送り届けています。
その製品たちを生み続けるモノづくりの秘訣が4つあります。その4つとは、安全と安心を届ける「クリーン環境」、信頼をカタチにする「品質管理」、数多くの経験が培った「技術開発力」、調剤から出荷までの「一貫生産」です。
これからも、より多くの人から愛され、必要とされる製品づくりを目指し、日々進化し続けます。

業種 医薬品製造業
企業名 小林製薬グループ 富山小林製薬株式会社
住所 富山県富山市中大久保100-1
設立 1982年
資本金(万円) 1億円
従業員数(人) 409人
うち女性数(人) 220人
平均年齢(歳) 38.9歳
企業HP https://www.toyamakobayashi.co.jp/
主要品目・主要業務等 アイボン・のどぬ~るスプレー、命の母、消臭元、無香空間