Home > 「薬都とやま」企業紹介 > 立山化成株式会社

医薬品製造業者立山化成株式会社

「創造実践」をキーワードに医薬品、健康食品の製造を原料面から支え、社会に貢献しています

私たちの暮らしの中に立山化成の製品は使われています! 例えば医薬品分野では 立山化成では、主にジェネリック医薬品の原薬などを製造しています。原薬とはおくすりの中に含まれる有効成分のことです。例えば痛み止めの中には、痛みを止めるための有効成分が入っています。これを原薬と呼んでいます。通常、原薬は出発物質から数工程の化学反応を経て製造します。製造の際には化学反応に応じて数十Lから10,000Lの反応釜を使用し、工程毎に目的とする品質が得られている事を確認しています。このように化学反応を数工程経た後に、最終的に精製や粉砕等を行い、高品質で製剤の使用用途に適した原薬を作っています。 例えばヘルスケアでは 立山化成がつくったαリポ酸、国内で製造できるのは立山化成だけです!αリポ酸には抗酸化作用があり、様々な化粧品やサプリメントに使われています。

業種 医薬品製造業
企業名 立山化成株式会社
住所 富山県射水市大江1133
設立 1953年9月
資本金(万円) 8,000万円
従業員数(人) 198人
うち女性数(人) 35人
平均年齢(歳) 42.2歳
企業HP http://www.tateyamakasei.com/
主要品目・主要業務等 医薬品原薬・中間体(向精神薬、循環器系等)、健康食品及び化粧品素材、電子材料、機能性材料