Home > 「薬都とやま」企業紹介 > 株式会社富士薬品

医薬品製造業者株式会社富士薬品

複合型医薬品企業として新たな未来を拓いていきます

当社は1930年2月に富山市で配置薬販売事業を創業し、1986年2月には富山市に医薬品製造工場を建設。医薬品の開発・製造から販売までの製販一貫体制を確立し、お客様のニーズにより早くより忠実に対応してまいりました。その後、1992年にドラッグストア事業を開始。「ドラッグセイムス」を中心に富士薬品ドラッグストアグループとして、現在では全国約1,300の店舗網を構築し当社の主力事業に成長させることが出来ました。医薬品開発事業では痛風治療薬として2013年に「トピロリック錠」、2020年には「ユリス錠」の発売を開始しており、医療用新薬の開発にも挑戦し続けています。医薬品業界を取り巻く環境は大きく変化していますが、製販一貫体制のビジネスモデルを大切にして、お客様の健康というニーズに即応してまいります。

業種 医薬品製造業
企業名 株式会社富士薬品
住所 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4丁目383番地
県内主要拠点 富山工場:富山県富山市婦中町板倉682  富山第二工場:富山県富山市婦中町板倉750
設立 1954年4月
資本金(万円) 3億1,455.95万円
従業員数(人) 12,160人
うち女性数(人) 6,721人
平均年齢(歳) 36.6歳
企業HP https://www.fujiyakuhin.co.jp/
主要品目・主要業務等 新富士胃腸薬プラス、ジキナ顆粒ゴールド、トピロリック錠、ユリス錠